アニメ見ながら経営。

ミカイブログ

アニメ・漫画・ゲームの感想考察、たまに経済・経営分野も。

ポケモンダイパが愛される理由は「ネットワーク効果」

f:id:KiyomizuMikai:20210219204744p:plain

こんにちは、キヨミズミカイです。

2021年2月27日に、ポケモンは25周年を迎えます。

そんな中、Twitterで頻繁にトレンド入りするのが「ダイパリメイク」。

ポケットモンスター ダイヤモンド/パール」(以下「ダイパ」)のリメイク作が発表されるのを期待する人々が多くいることや、その人気の高さを示しています。

ダイパが発売されたのは2006年であるのにも関わらず、現在もトレンド入りするというのは、相当な人気の深さが伺えます。

さらに、2020年にねとらぼ調査隊が行ったポケモン歴代タイトルの人気投票によると、約4000票の投票のうち、ダイパが約1000票という圧倒的な人気を集め1位となりました。

自分もダイパをプレイした1人ですが、歴代タイトルの中でも特に思い出に残っています。

なぜダイパは他のタイトルを抑え、ここまでの人気を持っているのでしょうか。

DSへのハードの進化、新たなポケモン、ストーリーなど、様々な理由が考えられますが、自分は「ネットワーク効果」が最も大きな理由だと考えています。

 

ポケモンと「通信」

そもそも、ポケモンシリーズが大ヒットした主な理由は「通信」にあります。

初代の「赤/緑」の時代から近年のタイトルに至るまで、片方のバージョンだけでは全てのポケモンを入手することができず、ゲーム最大のやり込み要素であるポケモン図鑑を完成させることはできません。

つまり、もう片方のバージョンを持っている友達と通信交換することによって初めて、ポケモン図鑑完成に至るのです(1人で両方のバージョンを買うという荒業もありますが)。

2つのバージョンで発売することで、友達に「俺はこっちのバージョン持ってるから、お前は別のバージョンを買って、通信しようぜ!」という感じで、プレイヤーの友達にも買ってもらうという販促ができるのです。

また、通信交換だけはなく、通信対戦によって友達と競い合うというのも醍醐味の1つです。

近年は世界大会も開かれ、世界中の猛者たちがポケモンバトル世界一を争っています。

こうした通信交換・対戦は、ダイパによって大きな進化を遂げました。

Wi-Fiを活用することで、近くにいる人だけではなく、世界中のプレイヤーと通信交換・対戦ができる「GTSグローバルトレードステーション)」が登場したのです。

 

ネットワーク効果

ここで、「ネットワーク効果(外部性)」というものを紹介したいと思います。

ネットワーク効果とは、簡単に言えば、あるサービスに参加している人が多いほど、そのサービスは面白くなるということです。

ネットワーク効果が顕著に見られる例が、SNSです。

SNSは、世界中の沢山の人の意見や反応を見ることができるからこそ、面白いのです。

Twitterで自分独りだけが呟いて、何の反応も来なければ、全く面白味は無いですよね。

このネットワーク効果こそ、ダイパが愛される重要な理由だと自分は思っています。

ダイパ以前のタイトルでも通信は可能でしたが、通信できる人は限られていました。

ダイパ以前のタイトルで通信できるのは近くにいる人だけだったので、いくら世界中にプレイヤーがいても、必然的に通信できるのは近所の友達くらいになるのです。

これは、通信というサービスのネットワーク効果が小さいことを表しています。

しかし、ダイパの登場によって、通信する相手は「近所の友達」から「世界中のプレイヤー」へと爆発的に増加したのです。

すなわち、通信できる相手が爆発的に増加し、ネットワーク効果によってその面白さも爆発的に増したのです。

簡単な図で表すと、以下のようになります。

f:id:KiyomizuMikai:20210223162155p:plain

こうした世界中との通信は、ダイパ以降では当たり前になりましたが、ダイパ以前からプレイしている人にとっては、このネットワーク効果による面白さの爆発的増加は衝撃を受けたことでしょう。

このときの衝撃が人々の心の中に深く刻まれたことにより、ダイパは時間が経っても愛されるタイトルとなったのです。

 

・総括

ダイパが愛されるのは、世界中の人々と通信できるようになったことで、ネットワーク効果による面白さの爆発的増加が、プレイヤーの心に深く刻まれていることが理由ということを考えました。

しかし、世界中との通信は現在では当たり前になっているので、リメイク作は「ネットワーク効果の増加」という武器では勝負しにくいという状況にあります。

こうした状況の中、ダイパリメイクがどのような新要素を引っさげて来るのか、非常に楽しみです。

さて、最後はこの言葉で締めるとしましょう。

かがくのちからってすげー!

 

追記

やはり2021年2月27日の25周年に合わせて、ダイパリメイクがついに公表されました!

その名も、「ブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール」!!

ですが、公開されたグラフィックに関して賛否両論があるみたいですね。

個人的には、原作の忠実な再現を意識しているのかな(2頭身とか)と思っているのですが。

何はともあれ、とても楽しみです。

「気概」の「概」は「慨」ではないのか

f:id:KiyomizuMikai:20210217113027p:plain

漢検2級の勉強をしていたとき、ある疑問を持ちました。

それは、漢検のテキストに出てきた「気概」という熟語。

気概とは、簡単に言えば「強い意志」という意味。

しかし、自分はこの「気概」という熟語を見て、こう思いました。

「気概」は心に関係する意味なんだから、きへんの「概」ではなくて、りっしんべんの「慨」じゃないのか?

気になったので、ネットで少し調べてみました。

 

・知恵袋に同じ疑問が

「気概 なぜ」で検索すると、Yahoo!知恵袋に全く同じ質問がありました。

やはり同じ疑問を持っている人は多くいるようです。

このYahoo!知恵袋の解答によると、「概」は計量に使う木製の升が成り立ちであり、計量には「厳格さ」が必要であるため、それが転じて「強い意志」という意味になった、とのこと。

しかし、あくまでYahoo!知恵袋なので、明確な根拠があるわけではありません。

 

・「概」は「慨」と同じ?

今度はGoogle大先生で「概 意味」で検索してみると、最初にOxford Languagesの定義が出てきました。

やはり1番目には「大体のところ」という意味が出てきました。

「概要」「概算」といった、「概」を使った多くの熟語はこの意味ですね。

しかし、3番目に驚きの意味が。それは、「慨に同じ」という意味。

えっ?それって、「概」は「慨」の代わりとして使っても意味は変わらないってこと?

ややこしいッ!!

 

・まとめ:「気概」は例外と覚えればOK

このように、根拠は薄いですが「概」には上記のYahoo!知恵袋のような由来があるよう。

一方で、「概」は「慨」と同じという、何ともややこしい意味も。

こうした中、自分が出した結論としては、

「気概の概は例外的にきへんだと覚えさえすればOK!」です。

漢検2級の勉強をしている中では、「気概」以外に「概」を心に関係する意味として使っている熟語は見当たりませんでした。

なので、「概」は「大体のところ」、「慨」は「心に関係する」という意味だと割り切って、「気概」だけは例外と覚えれば問題ないはずです。

「概」の成り立ちとか、「慨」の意味との重複とか考えても、ややこしくて余計に頭が混乱するだけです。

「気概」を例外として考えれば、少なくとも漢検2級では問題ないはずです。

 

 

 

『ブレイブリーセカンド』ネタバレ無し感想:100点ではないが確実に面白い! 

f:id:KiyomizuMikai:20210205140303j:plain

高評価を得た3DSソフト「BRAVELY DEFAULT FLYING FAIRY/For the Sequel」の続編として、2015年に満を持して発売された「BRAVELY SECOND END LAYER」。

その「ブレイブリーセカンド」を2020年になって今さらですが購入し、年を跨いでクリアしたので、プレイした感想を紹介したいと思います。

また、この記事では前作「ブレイブリーデフォルト」はプレイしたが、「セカンド」を購入するか迷っているという方の参考となるように、ネタバレは回避しています。

ブレイブリーセカンド」をプレイしたきっかけ

 そもそも、自分が前作の「デフォルト」を買うきっかけとなったのは、音楽担当のRevoさんでした。

Sound Horizonや「進撃の巨人」を担当するLinked Horizonといった、Revoさんの音楽に対する筋金入りファンだったのです。(ファンになったのは「デフォルト」が発売した後でしたが)

そのRevoさんが音楽を完全監修するゲーム?買うしかないだろ!

...というのが、「デフォルト」をプレイするに至った理由です。

しかし、最初はRevoさんの音楽目当てでしたが、プレイするうちにその世界観に引き込まれていき、音楽だけではなく、すっかり「ブレイブリーデフォルト」という作品そのもののファンになっていました。

 

そして続編である「ブレイブリーセカンド」。

自分も最初は気になっていたのですが、衝撃の事実が判明。

音楽担当がRevoさんじゃない...だと...?

ブレイブリーセカンド」の音楽担当はryoさんという方に変更になっていたのです。

これはRevo信者の自分にとっては痛恨の一撃。

ryoさんには悪いですが、この音楽担当の変更がRevo信者である自分の買う気を削いでしまいました。

 

そして追い打ちをかけたのが、「セカンド」に対する低評価の多さ。

音楽担当が変わったとはいえ、やはり「デフォルト」の続編は気になる。

プレイした人はどんな感想を持っているのだろうかと、少し調べてみると...

低評価の嵐...だと...?

前作はあんなに面白かったのに、どういう訳かネット上では低評価ばかりなのです。

やはり、ゲームを買う前に「面白くない」と言われてしまうと、買う気が削がれてしまいます。 

 

こうして、崇拝する音楽担当が変更され、ネットでは低評価というダブルパンチにより、「セカンド」の購入は見送られることになってしまいました。

 

月日は経ち、自分は昔買ったゲームをもう一度プレイすることにハマっていました。

このマイブームの中で思い出したのが、「ブレイブリーデフォルト」と、その続編の「ブレイブリーセカンド」の存在。

「デフォルト」の面白さを思い出すうちに、「セカンド」もプレイしたい欲が高まってしまったのです。

しかし「セカンド」が発売されてから時間は経ち、もちろん店頭には売っていません。

ネットで買うか...と思いながらAmazonで探してみると、衝撃の光景が。

新品1280円...だと...?

中古だと1000円を切っていました。

3DSソフトは普通5000~7000円くらいのはずが、この安さ。

この安さの原因はやはり、低評価の多さから来る人気の無さでしょう。

(ちなみに2021年2月現在で調べてみると、「セカンド」は倍以上の2700円に値上がりしていましたが、まだ安い価格帯。一方、前作「デフォルト(フォーザ・シークウェル)」は8800円で売られてました。何て格差だ)

しかし、「セカンド」をプレイしたい欲が高まっていた自分にとっては好都合。

この安さを決め手に、購入を決断しました。

 

クリア後の感想

こうして購入した「セカンド」をプレイし、無事、裏ボスまで撃破してクリアしました。(やりこみ要素までは完全に出来ていませんが)

クリア後の感想として、結論から言えば、

100点ではないが確実に面白い!

以下では、前作「デフォルト」と比べたときの、「セカンド」の良かった点と悪かった点をそれぞれ挙げていきます。

 

・良かった点

快適なプレイを追求したシステム

プレイの快適さを追求した、システム面での様々な進化が目立ちます。

例えば、戦闘においてLRボタンを駆使して同じコマンドの複数回入力ができるようになりました。

これは、独自の戦闘システムである「ブレイブ」を意識したものと思われます。

前作では、「ブレイブ」によって1ターンに複数行動ができる一方、いちいちコマンドの入力が必要になり、時間がかかって面倒でした。

しかし、今作では同じコマンドの複数回入力が可能となり、こうした手間がなくなりました。

 

また、手軽にエンカウント率を操作できるようにもなりました。

前作でもエンカウント率は操作できましたが、「メニュー」→「作戦」→「コンフィグ」...といった感じで少し手間がかかっていました。

しかし、今作ではRボタンですぐにエンカウント率の操作ができます。

いちいち雑魚敵にかまってられないという場面は結構あるので、手軽にエンカウント率を下げれるようになって便利でした。

 

戦略の幅広さがさらに拡大

「ジョブ」を自由に変更することで、幅広い戦略を展開できるのが「デフォルト」の面白さの1つでした。

「セカンド」では新たなジョブが多く追加され、こうした戦略がより幅広くなりました。

新たに追加されたそれぞれのジョブが持つ独特な特徴を組み合わせることで、プレイヤーごとに異なる戦略を構築できるという面白さが増しています。

 

音楽が良い

上記でryoさんのことをボロクソ言ってしまいましたが、ryoさんが担当する音楽も名曲揃いです。

OP曲の「Great Distance」を始め、クリア後も何度も聴きたい名曲が多くあります。

さらに、Linked Horizonファンの皆さん、安心してください。

前作のRevoさんの曲も、結構登場しますよ!!

 

怒涛の展開のED

詳しい内容はネタバレになるので言いませんが、ラスボスを撃破した後のEDでは、全く予想していなかった怒涛の展開が待っていました。

ぜひ多くの皆さんに、プレイしてこのEDを見届けてほしいです。

 

良い意味で謎が多い

今作では、クリア後もストーリー上の多くの謎が残っています。

詳しくはネタバレになるので言いませんが、クリアしたと思ったら、最後の最後に大きな謎を生み出しました。

これは人によって感じ方が違うと思いますが、個人的には「考察」が大好きなので、こうした謎の答えを考察できるという点で良かったです。

 

・悪かった点

ストーリーに緊張感がない

これが低評価の大部分を占める理由だと思います。

今作は前作ヒロインのアニエスが攫われ、それを主人公一行が助けに向かう、というのが大筋のストーリーとなっています。

しかし、アニエスが攫われているという状況にも関わらず、主人公一行の緊張感のない言動がストーリー全体を通して見られます。

特に、やたら食べ物の話が出てきて、それ今話すことか?と思ってしまいました。

息抜き的に食べ物の話をするのは、全然悪いことではないと思います。

ただ、TPOが悪い。

アニエスが攫われているとき(Time)でも、

敵地ど真ん中の場所(Place)でも、

ラスボス戦直前の場合(Occasion)でも、

主人公一行はあまり緊張感がなく、楽しく食べ物の話をします。

このようにストーリーでTPOがあまり考慮されておらず、少し違和感を感じてしまいました。

 

総評

まとめると、「100点ではないが確実に面白い!」という感じです。

上記のように、ストーリー上の違和感が多少感じられ、低評価が多い理由もやや納得できます。

しかし、それ以上に戦闘システムの面白さなどや、怒涛の展開のEDで大きな感動がありました。

前作「デフォルト」が面白いと感じた方や、ストーリーの続きを見届けたいという方は、ぜひ「ブレイブリーセカンド」のプレイをオススメしたいと感じました。

ノーベル文学賞発表延期による文教堂の株価への影響

f:id:KiyomizuMikai:20200828192942p:plain

 

こんにちは。

最近、「アクタージュ」打ち切りでテンションダダ下がり中のキヨミズミカイです。

 

コロナのせいで、様々なイベントが延期されていますね。

「延期」といえば、コロナとは関係ありませんが、2018年にノーベル文学賞の発表が延期されたことがあるのをご存知でしょうか。

 

今回は2018年のノーベル文学賞の発表延期が、文教堂の株価にどのような影響を与えたのかを紹介したいと思います。

 

 

2018年ノーベル文学賞発表延期の経緯

毎年発表されるノーベル文学賞ですが、2018年は発表が延期されることになりました。

 

その原因となったのは、スキャンダルです。

 

2017年から、セクハラ被害撲滅を訴える#MeToo運動が世界中で展開されていました。

この#MeToo運動の最中である2018年、ノーベル文学賞を選考する団体の「スウェーデンアカデミー」の関係者の男にセクハラのスキャンダルが発覚したのです。

#MeToo運動を背景に、スウェーデンアカデミーは世界中から大きな批判を受けることになります。

 

この事件によりスウェーデンアカデミー内でも揉め事になり、多数の会員が辞任。

会員不足によりノーベル文学賞の選考が不可能になってしまい、2018年のノーベル文学賞発表延期に至ったのです。

 

ノーベル文学賞文教堂の株価の関係

 2018年のノーベル文学賞発表延期は、株価にどのように影響を与えたのでしょうか。

 

ノーベル文学賞が影響を与えるのは、やはり書店です。

 

ノーベル文学賞といえば、日本では毎年のように村上春樹氏の受賞が期待されています。

村上春樹作品のファンである”ハルキスト”はもちろん、日本全国の書店も毎年のノーベル文学賞発表を固唾を飲んで注目しているのです。

というのも、もし村上春樹氏が受賞すれば、多くの人が村上春樹氏の書籍を買い求め、書店の売上に直結することになるからです。

 

ここで、書店事業を展開する企業を代表して、 文教堂GHDの株価を見てみましょう。

 

f:id:KiyomizuMikai:20200828164714p:plain

株探より引用

文教堂GHDの月足チャートです。

これを見ると、ここ数年、毎年9月、10月にかけて上昇し、その後低下するという循環があることが分かります。

これはノーベル文学賞が毎年10月に発表されることから、日本人の受賞を期待した思惑買いが10月の発表にかけて広がるためです。

また、2018年は発表延期になったため、10月にかけての大きな株価上昇がないことが見てとれます。

 

 

ノーベル文学賞発表延期の影響

それでは2018年のノーベル文学賞発表延期が明らかになったときには、文教堂GHDの株価にどのような影響を与えたのでしょうか。

 

f:id:KiyomizuMikai:20200827163043p:plain

Yahoo!ファイナンスよりデータ取得

 

ノーベル文学賞発表延期が明らかになったのは、2018年5月4日でした。

文教堂の株価を見ると、5月2日は408円だったのが、ノーベル文学賞発表延期が明らかになった後の5月7日に371円(-9.1%)に急落しています。

 

急落の理由は、やはり村上春樹氏を始めとする日本人のノーベル文学賞受賞による書籍の売上増加の期待が、今年は無くなったということに対して失望売りが広がったことでしょう。

また、長い伝統を誇るノーベル文学賞が発表されないというサプライズが、売りに拍車をかけたとも考えられます。

 

 

ノーベル文学賞発表再開の影響

2019年にはノーベル文学賞発表が再開され、2018年と2019年の受賞者がまとめて発表されることが明らかになりました。

 

ノーベル文学賞発表延期というニュースは株価急落につながったのに対し、ノーベル文学賞発表再開というニュースは株価にどのように影響したのでしょうか。

同じように文教堂GHDの株価を見てみましょう。

 

f:id:KiyomizuMikai:20200828182451p:plain

Yahoo!ファイナンスよりデータ取得

 

ノーベル文学賞が再開され、2018年と2019年の受賞者をまとめて発表することが明らかになったのは、2019年3月5日でした。

 

文教堂の株価を見ると、ノーベル文学賞が再開され、2018年と2019年の受賞者をまとめて発表することが明らかになった3月5日は180円だったのが、翌日の3月6日に230円(+27.8%)に急騰しています。

 

急騰の理由は、やはり村上春樹氏を始めとする日本人のノーベル文学賞受賞の期待が再び高まったことによる思惑買いが広がったことでしょう。

上記のように、発表再開にあたり2018年と2019年の受賞者がまとめて発表されることになりました。

つまり、まとめて2人発表されるため、2019年に日本人が受賞する確率は例年と比べて単純に2倍になったのです(結果的に受賞を逃しましたが)。

こうしたことにより、文教堂GHDの株価急騰につながったと考えられます。

 

 

まとめ ~「サプライズ」の重要性~

ノーベル文学賞発表延期という前代未聞の事態は、書店を運営する文教堂GHDの株価を急落させました。

しかし、その後のノーベル文学賞発表再開によって、株価の急騰ももたらしました。

 

この事例が示すのは、株価における「サプライズ」の重要性です。

株価において、よく企業の業績が重要視されます。

しかし、前年比で好業績だったとしても、株価が上がらないことがあります。

こうした事例は、業績予測を下回るなどのサプライズがなかったことが一因です。

 

ノーベル文学賞発表延期においても、長い歴史を持つノーベル文学賞が発表されないという前代未聞のサプライズがあったからこそ、上記のような急落が起きたのです。

 

昨今のコロナ禍においても、あらゆるイベントが延期されるなどの異常事態、つまりサプライズが多発しています。

サプライズが多発するということは、株価の急騰・急落が起こりやすいということです。

コロナによる企業への影響を考慮しつつ、株価の動きを注視しましょう。

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?【考察】

f:id:KiyomizuMikai:20200822165502j:plain


こんにちは。最近、親知らずが1本だけ生えない事が発覚したキヨミズミカイです。

 

さて、ついこの前、金曜ロードショーで「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を観ました。

 

前から観たいと思っていたのですが、2020年になってやっと初視聴できた感想としては、「考察しがいのある映画」、ということでした。

 

というのも、視聴した方なら分かるかもしれませんが、「謎が多く残る映画」だったからです。

この作品は、作品内で結論が示されなかった内容がたくさんあるのです。

 

というわけで、今回はこの映画の内容や結末を考察していきたいと思います。

 

 

 

 

はじめに ~分かりにくい映画~

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が公開されたのが2017年でしたが、その一年前の2016年には「君の名は。」が公開されました。

同じアニメ映画でも「君の名は。」は社会現象を起こすほどの大ヒットを記録したのに対し、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」はそこまでのヒットには及ばなかったというのが実状です。

 

なぜ同じアニメ映画でもここまでの差が生まれたのでしょうか。

その理由は、「内容の分かりやすさ」です。

 

詳しい内容は言いませんが、「君の名は。」は、何のために入れ替わったのか、結末はどうなったのかなど、映画内でしっかり説明がなされており、比較的内容が分かりやすい映画でした。

内容が分かりやすいと、視聴者は納得感を感じることができます。

さらに内容を理解できているので、視聴者が口コミで映画の面白さを説明することができ、さらなる視聴者を呼び込めます。

 

一方、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、現実なのか別世界なのか、結末はどうなったのかなど、映画内でほとんど説明がなく、内容が分かりにくい映画となっていました。

内容が分かりにくいと、視聴後に違和感が残ったままになってしまいます。

さらに視聴者は内容を理解できていないので、口コミで映画の面白さを説明することができず、さらなる視聴者を呼び込みづらくなります。

 

実際にネットでは、『「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は「君の名は。」の二番煎じ』といった趣旨の口コミをチラホラ見かけます。

 

しかし、こうした分かりにくい内容は、視聴者が考察するために存在するのです。

内容が分かりにくい作品は、「視聴」に加えて「考察」がセットです。

「視聴」だけで終わらせると、感想が「分からない」「つまらない」になるのは当然のことです。

裏を返せば、「視聴」した後に内容を「考察」し、理解することがこの映画を十分に楽しむ方法なのす。

 

こうしたことを頭に入れつつ、内容を考察していきましょう。

 

 

もしも玉

この作品でキーとなるのが、もしもの世界を創り出すガラス玉です。

このガラス玉は、製作スタッフの間では「もしも玉」と呼ばれていたようなので、ここでも「もしも玉」と呼びたいと思います。

 

もしも玉の見た目は、作中に何度も出てくる灯台の光源に酷似しています。

つまり、もしも玉=灯台と考えてください。

 

灯台は海を照らすものです。

もしも玉も、投げられた後に光を放つ描写があります。

では、もしも玉が照らしているのは何でしょうか。

それは、「世界」です。

 

その理由は、もしも玉を「投げる」という行為にあります。

作中では、主人公の典道がもしも玉を投げることによって、もしもの世界を創り出していました。

なぜ「投げる」ことで、もしもの世界が創り出されるのでしょうか。

 

もしも玉が世界を照らし出しているものだとすると、それを投げるということは、「世界を照らし出すものを投げ捨てる」、つまり現在の世界を照らすことをやめるということです。

そして、照らされなくなった現在の世界は闇に包まれ見えなくなり、もしも玉はまた別の闇に包まれた世界を照らすのです。

こうして、新たに照らし出されたこの世界こそが、もしもの世界です。

 

ここで重要なのは、もしも玉は「もしもの世界を創り出す」という不思議な力を持った、ドラえもんひみつ道具的なものではないということです。

もしも玉は、主人公の典道がヒロインのなずなと別れてしまうという現在の世界から目を背け、もしもの世界に没入するという暗示なのです。

 

 

もしもの世界

作中で典道は3回もしも玉を使用し、3つのもしもの世界を創ります。

簡単に図示すると、以下のようになります。

f:id:KiyomizuMikai:20200822165821p:plain

このうちポイントとなるのは、D世界です。

 

もしもの世界の崩壊

D世界では周りを透明な壁が覆い、明らかに現実離れした世界となっています。

その後、もしも玉が花火となって打ち上がり爆発したのと同時に、周りを覆う透明な壁が崩壊し、止まっていた風車が時計回りに動き始めたことや、通常の花火が打ち上がったことから、D世界が崩壊し、再び始めのA世界に回帰することが示唆されています。

 

しかし、なぜD世界は崩壊したのでしょうか。

D世界は典道が創った世界であるため、世界を壊すことができるのも典道だけです。

しかし典道はD世界で”なずなと一緒にいたい”と言っているように、D世界は自らの意思で創った、なずなと一緒にいられる理想の世界のはずです。

なずなと一緒にいたいなら、典道はD世界を壊す必要はないのです。

 

裏を返せば、典道が「もしも」を否定し、なずなとの別れという現実を受け入れたからこそ、D世界は崩壊したのです。

 

典道は平たい花火や花びらのような花火を見てそれを否定したり、D世界では明らかに現実離れしていることを自覚している描写があります。

典道は「もしも」に没入しながらも、「もしも」を否定して「現実」に向き合う心が芽生え始めていたのです。

 

また、もしも玉は当初は片手で握れるほどの大きさだったのに対し、D世界では花火師のおじさんが両手で抱えるほどの大きさになっています。

これは、もしも玉が大きくなった、つまり典道が創造した「もしも」が膨れ上がり過ぎていることを示しています。

 

D世界は典道の願望が反映された世界です。

つまり、もしも玉が花火として打ち上がって砕け散り、D世界が崩壊したのは、典道が無意識下で「もしも」を否定したという暗示なのです。

 

「もしも」の否定と「今」の行動

D世界で典道は照れ気味に「俺はなずなのことが・・・」と告白しようとしますが、もしも玉が打ちあがったことにより、途切れてしまいます。

そして典道は砕け散ったもしも玉の破片から、なずなとキスする「もしも」を見ます。すると、典道は迷わず海に飛び込み、なずなとキスしました。

 

なぜ典道は告白は照れ気味で躊躇していたのにも関わらず、迷わず海に飛び込んでキスすることができたのでしょうか。

それは、典道が「もしも」を否定したからです。

 

告白のときには、典道は「もしも」を否定しきれていませんでした。

しかしその後、典道は「もしも」を否定し、もしも玉が砕け散ります。

典道はもしも玉の破片からなずなとキスする「もしも」を見ますが、「もしも」を否定しているからこそ、「もしも」に頼るのではなく、「今」の行動としてなずなとキスしたのです。

灯台からもしも玉の爆発を見た男子グループも、それぞれ想いを叫ぶという形で「もしも」に頼らず「今」の行動をしています。

 

そして典道は「もしも」を否定し、なずなとの別れという現実を受け入れたことにより、2人はキスした後に少し悲しい表情し、なずなは典道の元から離れていくのです。

 

しかし、「もしも」は典道から完全に消え去るわけではありません。

実際に、大人になっても「もしも」を考えることはあります。

なずなの去り際の「次はどんな世界で会えるかな」という言葉は、「もしも」を否定しても、心の中に「もしも」は完全に消えずに残り続けるという暗示なのです。

 

フィンクの危機モデル

ここで、「フィンクの危機モデル」というものを紹介したいと思います。

フィンクの危機モデルとは、人間が危機に直面したときの心理状態の推移を段階分けしたモデルのことで、看護の場での患者の心理的ケアなどに用いられています。

フィンクの危機モデルは次のように4段階に分けられます。

 

○衝撃の段階「心理的に強い衝撃を受ける」

 

○防御的退行の段階

「危機の意味するものに対し自らを守り情緒的エネルギーをたくわえる」

 

○承認の段階

「危機の現実に直面する」

 

○適応の段階
「状況に積極的に対応、新たな自己イメージや価値観を築く」

 

引用元:樺澤三奈子「危機の分析と看護介入~乳がん再発時の患者の心理~」

 

なぜこのフィンクの危機モデルを紹介したかと言うと、主人公である典道が、まさにフィンクの危機モデルに沿って行動しているからです。

一つずつ見ていきましょう。

 

1. 衝撃:なずなとの別れ

「なずなとの別れ」が危機に当たります。

A世界で典道は駆け落ちしようとしていたなずなが両親に無理矢理連れ帰られる光景を見たことによって、心理的に大きな「衝撃」を受けました。

 

2. 防御的退行:もしもの世界

典道はなずなとの別れに対し、もしもの世界を創造します。

こうしたB世界、C世界、D世界といったもしもの世界を創るという現実逃避こそ、「防御的退行」に当てはまります。

 

3. 承認

上記のように、もしもの世界を創った果てに典道は「もしも」を否定し、もしも玉は砕け散り、D世界は崩壊します。このような「もしも」を否定し現実に向き合ったことが、「承認」に当てはまります。

 

4. 適応

上記のように、「もしも」を否定した典道は「もしも」に頼らずになずなとキスをします。このような「なずなとの別れ」という危機を受け入れたうえでの行動が、「適応」に当てはまります。

 

このように、典道の心理はフィンクの危機モデルにピッタリ当てはまります。

つまり、この「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」とは、主人公の典道がなずなという想い人との別れに直面し、それを受け入れるまでの心理的プロセスを描いた作品なのです。

 

 

ラストはどうなった?

この作品最大の謎は、ラストシーンです。

場面が切り替わり、学校へ走る2人の人影。

学校で出席が取られていますが、なずなと典道の姿がありません。

そして説明のないまま、物語は終わります。

 

典道となずなの結末は、一体どうなったのでしょうか。

 

出席を取るシーンでは、空席のなずなの席が映し出されます。

また、なずなの苗字は「及川(おいかわ)」ですが、出席の点呼を聞くと、「及川なずな」が呼ばれずにか行の名前に突入します。

こうしたことから、なずなは転校したことにより、クラス名簿から消されたと考えられます。

D世界が崩壊するときに、止まっていた風車が時計回りに動き始めたことや、通常の花火が打ち上がっていたことから、ラストシーンは当初のA世界であり、なずなは両親に無理矢理連れ帰られ、そのまま転校してしまったのでしょう。

 

一方、出席を取るシーンを見ると、教室に祐介(水泳勝負の相手)と和弘(メガネ)がいることが分かります。

また、学校へ走る2人の人影のうち、1人は稔(おかっぱ)であることが分かります。

となると、もう1人の人影は、典道か純一(背が高い茶髪)に絞られます。

 

どちらかを特定する決め手はありませんが、私は典道だと考えています。

ポイントとなるのは「走る」という行為です。

 

「もしも」に固執するということは、現実から目を背けて停滞するということです。

しかし典道は上記のように「もしも」を捨てました。

学校に向かって走るという行為は、現実と向き合い、停滞から逃れて走り出したという典道の心理状態を暗示しているのです。

 

 

まとめ

 「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」という作品は、内容を理解するのが難しく、つまらなく思うかもしれませんが、謎を考察することによって初めて十分に楽しむことができるのです。

また、ここでの考察は全て私の独断と偏見によるものであり、正解を示しているとは限りません。

視聴者の皆さん一人一人の解釈があって良いのです。

 

話は変わりますが、この作品は音楽が秀逸でしたね。

DAOKO×米津玄師の「打上花火」、DAOKOの「Forever Friends」、広瀬すずの「瑠璃色の地球」、どれも思わず口ずさんでしまう名曲。

典道の声優の菅田将暉も一曲ぐらい歌ったら良かったのに、と思ってしまいました。

【NARUTO考察】柱間がサスケに渡した術とは?

f:id:KiyomizuMikai:20200808140215p:plain

こんにちは、好きなNARUTOの術は「飛雷神の術」のキヨミズミカイです。

 

最近、NARUTOを読み返しているのですが、とある発見をしたので、今さらですが考察していきたいと思います。

 

考察するのは「柱間がサスケに渡した術」についてです。

 

 

「柱間がサスケに渡した術」って結局何だったの?

物語の終盤、復活したマダラにやられた柱間が、マダラを倒しに行こうとするサスケを止め、

仙術チャクラに呼応して奴を縛る術」

をサスケに渡すと言います。

 

しかしこの術はこれ以降、言及されることのないままNARUTOは終わってしまいます。

 

柱間がサスケに渡した術とは、一体何だったんでしょうか?

 

調べてみたところ、

「サスケが術を発動する前に輪廻眼を開眼し、使われずじまいだった」

という考えが大半のようです。

 

しかし、私はNARUTOを読み返しているうちに、この術の正体につながる、ある考えに辿り着きました。重要なキーワードは、「黒い千鳥」です。

 

黒い千鳥

674話、ナルトとサスケはマダラと対峙します。

そこで攻撃を仕掛けようとするナルトに対し、サスケは

「動きを封じる術がいい」

と言います。

マダラの動きを封じ、六道・地爆天星を発動して封印するためですね。

 

この言葉を聞いたナルトは、一尾・守鶴の封印術の力を借り、仙法・磁遁螺旋丸を発動します。

 

一方、サスケは心の中で

「オレにも六道の力が...」

と呟きながら、千鳥を発動します。

この千鳥は今までとは異なり、「黒い千鳥」に変化しています。

 

この黒い千鳥は、サスケが「オレにも六道の力が...」と呟きながら発動していることに加え、以前に仙術チャクラ(自然エネルギー)を利用した呪印状態のサスケも黒い千鳥を発動していたことから、通常の千鳥に六道(仙術)チャクラが合わさっていると考えられます。

 

「動きを封じる術」

ここまでは大半の人が理解していることですが、私はこの「黒い千鳥」にこそ、「柱間がサスケに渡した術」の正体が隠れていると考えています。

 

ポイントは、サスケの「動きを封じる術がいい」というセリフです。

 

このセリフに対して、ナルトは動きを封じるための封印術を組み込んだ磁遁螺旋丸を発動しています。

 

一方、サスケは六道チャクラを組み込んだ千鳥。

 

ここ、よく考えるとおかしくないですか?

千鳥は本来、膨大なチャクラと雷遁で相手を貫くという殺傷能力を極限まで高めた術のはずです。

 

サスケは「動きを封じる術がいい」と言ったのに、自分はダメージ重視の術。

 

サスケ自身が「動きを封じる術がいい」と言うのならば、自分もダメージ重視ではなく動きを封じる術を発動すべきなのでは?

 

ここで、柱間がサスケに渡した術のことを思い出しましょう。柱間はこの術を

仙術チャクラに呼応して奴を縛る術」

と言っていました。

察しが良い人は、もう既にお分かりかもしれません。

そう、「縛る術」なのです。

 

サスケがマダラの動きを封じる必要がある場面に直面したならば、絶対この「縛る術」を使いますよね。

 

しかし実際に使ったのは千鳥。これはどういうことか。考えられるのはただ一つ。

「千鳥に、柱間がサスケに渡した術を組み込んでいる」ということです。

 

黒い千鳥と「柱間がサスケに渡した術」の正体

分かりやすく表すと、こういうことです。

黒い千鳥=通常の千鳥+六道(仙術)チャクラ+柱間がサスケに渡した術

 

実際にナルトの磁遁螺旋丸とサスケの千鳥がマダラにヒットした場面を見ると、磁遁螺旋丸の封印術がマダラの体を侵食しているのに対し、サスケの千鳥がマダラの体の周りを「縛る」ように包み込んでいます。

 

そう、「柱間がサスケに渡した術」はしっかり使用されていたのです。

 

まとめ

「柱間がサスケに渡した術」は未使用のままという考えが大半ですが、言及がないだけで、しっかり使われていたのです。

こんな風に、読み返すと新しい発見があるNARUTOはやはり名作ですね。これからも新たな発見をしたら、紹介したいと思います。