アニメ見ながら経営。

ミカイブログ

アニメ・漫画・ゲームの感想考察、たまに経済・経営分野も。

進撃の巨人アニメ第73話感想考察:放送中断ハプニング

f:id:KiyomizuMikai:20210322142036p:plain
前回(第72話)の感想・考察はコチラ

 

進撃の巨人アニメ第73話(The Final Season第14話)の感想・考察です。

物語が過熱する中、まさかのハプニングが。

放送中断のハプニング

2021年3月14日深夜に放送していた73話ですが、何と地震速報により放送が中断されるというハプニング。

ネットでは「リアル地鳴らし」と呼ばれ、放送中断に対し阿鼻叫喚の声が溢れました。

まぁ地震情報の方が大事なので、仕方ない。

和歌山で最大震度5弱という、大きめの地震でしたが、特に深刻な被害は無かったようなので良かったです。

この中断された73話は、2021年3月21日深夜に、74話と共に再放送されるという救済が発表されました。

つまり、2話連続放送ということですが、1話でも精神的にキツいこのアニメを2話連続で見て、果たして耐えられるだろうか。

 

エレン圧迫面接

いつでもエレンが巨人化できる、圧迫面接状態。

無惨様のパワハラ会議に匹敵する。

「敵に操られているのでは」という問いに対して、「俺は自由だ」というのは全く答えになってない気もするが。

エレンが言う「自由」とは何を示すのか、視聴者にめちゃめちゃ考えさせるなぁ。

超大型の継承により、頭の一部がベルトルトになってしまい(エレン談)、アニへの恋心も継承しているアルミン。

「頭ベルトルト」という、中々のパワーワード

エレンのミカサに対する「大嫌いだった」というセリフは、原作では「嫌いだった」のはずなんですが、なぜかミカサへの精神的ダメージをさらに追加させている。

ヒロインに暴言を吐いて泣かせたエレンと、怒りの鉄拳を喰らわせるアルミン。

エレンが凄い勢いでヘイトを集め、アルミンの株が急上昇している気がする。

エレンのミカサに対する「昔から嫌い」発言は、これまでの物語を見届けてきた進撃ファンなら、真意ではないと分かるはず。

ケンカには負けたアルミンですが、エレンを「奴隷」呼びして、しっかり口喧嘩で勝っているのはさすが。

前回まではメインキャラだったのに、巻き込まれて何も喋れないガビが不憫。

ちなみにアニメ公式Twitterでは、幼少期の3人の仲睦まじいイラストを公開。

3人が大喧嘩したこのタイミングで、この仲良しイラスト見せられると、精神的にキツい...。

 

リヴァイ無双再び

ついに因縁のリヴァイVSジーク、第2ラウンド。

ジークはしっかりワインの残量を確認してから、実行に移している。

今回といい、アニに全滅させられた旧リヴァイ班といい、リヴァイの部下たちの死亡率が高過ぎる。

しかし、今までは敵にやられてきたが、今回はリヴァイ自らが手にかけなければならないという悲惨な展開。

やはり諌山先生は鬼。

ジークと共に逃げる巨人は、完全に欽ちゃん走り。

アニメだからこそできるボケ。

個人的には、リヴァイのローリング腕斬りが再び見れたのが嬉しい。

ジーク「またかよぉぉぉぉぉ」

視聴者「(リヴァイVSジークが)またかよぉぉぉぉぉ(歓喜)」

ジークは前回の反省を生かし、巨人化直後からうなじを硬質化させていて、決して舐めプしているわけではなかった。

リヴァイ「てめーの敗因は…たったひとつだぜ...ジーク…たったひとつの単純な答えだ…『てめーはおれを怒らせた』」

リヴァイがまともに雷槍使ったのは、意外とこれが初めてではないだろうか。

ブレードにこだわりを持っているのかと思っていたが、今までは雷槍を使うまでもなかったということか。

瞬殺されたジークは、横腹に雷槍を刺されましたが、ちなみに、ジークの投石を受けたエルヴィンも、横腹を負傷して死に至りました。

リヴァイがジークを、エルヴィンと同じ目に遭わせているのだろうか。

 

放送中断で責められるフロック

キース教官が久しぶりの登場。

しかし、フロックが全部持っていく。

フロックは指導者的に信念を語って、新兵の心を掴むまでの成長が見てとれる。

成長の方向が間違ってる気がするが。

フロックがカッコよく語っていたその瞬間、何と地震速報が。

さらに新兵に「キースをボコれ」と指示した途端、放送中断。

ネットでは「フロックが調子に乗ったから放送中断された」と、なぜかフロックが責められる。

日頃の行いが悪かったせいだぞ、フロック...。

フロックの指示に対し、キース教官は「やめろ」とは言わず、逆に新兵を挑発していました。

これは、指示に逆らった新兵はフロックに撃たれかねないと感じて、新兵を守るためにあえて殴らせたのではないでしょうか。

しかし、キース教官の即落ち2コマみたいになってしまっている。

以前、キース教官に憧れていると言及されていたハンジさんも、ボコられたキース教官を見て、悲しい表情。

ハンジさんを悲しませた罪は重いぞ、フロック。

 

総括

ついに因縁のリヴァイVSジークを見ることができました。

しかし、エレンのせいでミカサは泣いちゃうわ、アルミンがボコられるわ、この3人が本格的に争い始め、精神的にキツいです。

しかも、放送中断のせいで2話連続です。

もう1話、耐えられるだろうか私の精神。

 

 

次回(第74話)の感想・考察はコチラ。