アニメ見ながら経営。

ミカイブログ

アニメ・漫画・ゲームの感想考察、たまに経済・経営分野も。

ポケモンダイパが愛される理由は「ネットワーク効果」

f:id:KiyomizuMikai:20210219204744p:plain

こんにちは、キヨミズミカイです。

2021年2月27日に、ポケモンは25周年を迎えます。

そんな中、Twitterで頻繁にトレンド入りするのが「ダイパリメイク」。

ポケットモンスター ダイヤモンド/パール」(以下「ダイパ」)のリメイク作が発表されるのを期待する人々が多くいることや、その人気の高さを示しています。

ダイパが発売されたのは2006年であるのにも関わらず、現在もトレンド入りするというのは、相当な人気の深さが伺えます。

さらに、2020年にねとらぼ調査隊が行ったポケモン歴代タイトルの人気投票によると、約4000票の投票のうち、ダイパが約1000票という圧倒的な人気を集め1位となりました。

自分もダイパをプレイした1人ですが、歴代タイトルの中でも特に思い出に残っています。

なぜダイパは他のタイトルを抑え、ここまでの人気を持っているのでしょうか。

DSへのハードの進化、新たなポケモン、ストーリーなど、様々な理由が考えられますが、自分は「ネットワーク効果」が最も大きな理由だと考えています。

 

ポケモンと「通信」

そもそも、ポケモンシリーズが大ヒットした主な理由は「通信」にあります。

初代の「赤/緑」の時代から近年のタイトルに至るまで、片方のバージョンだけでは全てのポケモンを入手することができず、ゲーム最大のやり込み要素であるポケモン図鑑を完成させることはできません。

つまり、もう片方のバージョンを持っている友達と通信交換することによって初めて、ポケモン図鑑完成に至るのです(1人で両方のバージョンを買うという荒業もありますが)。

2つのバージョンで発売することで、友達に「俺はこっちのバージョン持ってるから、お前は別のバージョンを買って、通信しようぜ!」という感じで、プレイヤーの友達にも買ってもらうという販促ができるのです。

また、通信交換だけはなく、通信対戦によって友達と競い合うというのも醍醐味の1つです。

近年は世界大会も開かれ、世界中の猛者たちがポケモンバトル世界一を争っています。

こうした通信交換・対戦は、ダイパによって大きな進化を遂げました。

Wi-Fiを活用することで、近くにいる人だけではなく、世界中のプレイヤーと通信交換・対戦ができる「GTSグローバルトレードステーション)」が登場したのです。

 

ネットワーク効果

ここで、「ネットワーク効果(外部性)」というものを紹介したいと思います。

ネットワーク効果とは、簡単に言えば、あるサービスに参加している人が多いほど、そのサービスは面白くなるということです。

ネットワーク効果が顕著に見られる例が、SNSです。

SNSは、世界中の沢山の人の意見や反応を見ることができるからこそ、面白いのです。

Twitterで自分独りだけが呟いて、何の反応も来なければ、全く面白味は無いですよね。

このネットワーク効果こそ、ダイパが愛される重要な理由だと自分は思っています。

ダイパ以前のタイトルでも通信は可能でしたが、通信できる人は限られていました。

ダイパ以前のタイトルで通信できるのは近くにいる人だけだったので、いくら世界中にプレイヤーがいても、必然的に通信できるのは近所の友達くらいになるのです。

これは、通信というサービスのネットワーク効果が小さいことを表しています。

しかし、ダイパの登場によって、通信する相手は「近所の友達」から「世界中のプレイヤー」へと爆発的に増加したのです。

すなわち、通信できる相手が爆発的に増加し、ネットワーク効果によってその面白さも爆発的に増したのです。

簡単な図で表すと、以下のようになります。

f:id:KiyomizuMikai:20210223162155p:plain

こうした世界中との通信は、ダイパ以降では当たり前になりましたが、ダイパ以前からプレイしている人にとっては、このネットワーク効果による面白さの爆発的増加は衝撃を受けたことでしょう。

このときの衝撃が人々の心の中に深く刻まれたことにより、ダイパは時間が経っても愛されるタイトルとなったのです。

 

・総括

ダイパが愛されるのは、世界中の人々と通信できるようになったことで、ネットワーク効果による面白さの爆発的増加が、プレイヤーの心に深く刻まれていることが理由ということを考えました。

しかし、世界中との通信は現在では当たり前になっているので、リメイク作は「ネットワーク効果の増加」という武器では勝負しにくいという状況にあります。

こうした状況の中、ダイパリメイクがどのような新要素を引っさげて来るのか、非常に楽しみです。

さて、最後はこの言葉で締めるとしましょう。

かがくのちからってすげー!

 

追記

やはり2021年2月27日の25周年に合わせて、ダイパリメイクがついに公表されました!

その名も、「ブリリアントダイヤモンド/シャイニングパール」!!

ですが、公開されたグラフィックに関して賛否両論があるみたいですね。

個人的には、原作の忠実な再現を意識しているのかな(2頭身とか)と思っているのですが。

何はともあれ、とても楽しみです。